実は色を塗る前の「シロねぶた」がたまらなく好きなんですよね。

針金に紙が貼ってあるだけなのに、とても力強く何かを語りかけてくる。

製作途中だからこそ、この距離でじっくり対面できるのも好きな理由のひとつ。

目の前に立つと見る者の心の中を見透かされたようで、グーンと引き込まれてしまうんですよね。

ところで「ねぶた祭りは好きか?」と尋ねれば、青森県民のほぼ全員が「好きだ」と答えそうな気がする。

なぜあんなに好きなんだろう?

なんたって集まる数が凄いんです。

「ねぶた祭り」の来場者数は毎年200万人を超えています。

では、この数字からどんなことがわかりますか?

祭りに来た人が200万人いたということはわかります。

でもここから何かビジネスのヒントが思い浮かびますか?

私は数字だけ見せられても何も思い浮かばないんです。

これだけではマーケティングの設計ができない。

200万人という数字は事実です。

集計で事実は見えるけど、集まっている人の意志が見えない。

イメージが浮かばないのは、なぜ「ねぶた祭り」が好きなのか、なぜ嫌いなのか、その理由が見えてこないからなんです。

マーケティングを設計するには、手間はかかりますがひとりひとり時間をかけて質問して、好きな理由、嫌いな理由を確かめるしかない。

そうやって理由がわかってくると、その段階でようやく仮説が浮かんでくる。

スタート地点にたどり着くには腰を据えてじっくり読むしかありません。

マーケティングは人の頭の中が勝負なんです。

なぜ人はあなたの商品を選ぶのか。

選ぶ理由を知っていますか?

理由を確かめることが大切です。

会っていますか?

既存のお客様に……。

 

 

 

 

ー 撮影場所と機材 ー

青森
Canon PowerShot G7X

 

 

20160109_logo

 

Y’s CLUB =とは
>> 詳しくは こちら

 


The following two tabs change content below.
吉見 範一(よしみ のりかず)

吉見 範一(よしみ のりかず)

「ちいさな会社」の経営コンサルタント/ 経営者を対象とした少人数制の個別コンサルティング = Y’s CLUB = 主宰
吉見 範一(よしみ のりかず)

最新記事 by 吉見 範一(よしみ のりかず) (全て見る)